結婚相手の職業って何がいいの?今どきの人気職業とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

婚活している女性ならみんな未来の旦那様になる結婚相手の職業を妄想したりもするもの。

公務員なら安定していてよさそうだなとか、大手企業の正社員が真面目そうでいいなとか、お医者さんや弁護士ならお金がたくさんありそうだなとか、あなたも一度は思ったことがありますよね?

共働きも多いですが、やっぱり結婚するにはお金持ちの相手がいいと考えている人もまだまだ多いようです。

現在はいろんな職業の選択肢があり、働き方はさまざま。おしゃれなカフェを経営する人もいれば、ユーチューバーが小学生の憧れの職業だったりもします。そしてこういう時代だからこそ、まったくの別業種に転職しなければならないことだって、可能性としてありえます。

この記事ではみんなが結婚相手に希望する職業や、本当にその職業の人が結婚に向いているのかなどを考えていきたいと思います。

 


働く男性の画像

1.結婚相手の理想の職業とは

結婚相手の理想の職業の画像

  • 会社員 38.5%
  • 公務員 21.2%
  • 経営者 10.1%
  • 医師 9.5%
  • 自営業 5%
  • 弁護士 2.2%
  • その他13.4%

アンケートよれば結婚相手の理想の職業は、もっとも多いのは会社員で、次いで公務員、経営者でした。

会社員

  • 安定して、給料が手に入るから。28歳女性会社員(正規)
  • 普通の人がいい。25歳女性パート・アルバイト
  • ある程度休みがきちんとある仕事が良い。28歳女性その他

一番人気の職業は、38.5%のダントツで会社員でした。会社員の年収は会社によってさまざまですが、多かった声は安定していることやボーナス、お休みがちゃんとあることなどです。ごくごく普通の一般的な人がいいと希望する声もたくさん。確かに結婚するならあまりエキセントリックな相手よりも、ちゃんと正社員で普通に働ける人のほうが安心なのかもしれません。

公務員

  • 将来も安定した収入が得られそうだから。23歳女性会社員(正規)
  • 将来的な不安が減るから。37歳女性会社員(非正規)
  • 毎月決まった給料が貰える。休みがある。保険もはいってる。40歳女性パート・アルバイト

結婚相手にいつの時代も希望される人気の職業が公務員。その平均年収は600~630万円です。給料は決して多すぎることはありませんが、公務員の魅力は何といっても将来の安定。自分が妊娠出産などで働けないときも、長期的に男性に支えて欲しいと願う女性はとっても多いです。仕事のお休みが多いのも、家族サービスしてもらえそうでポイントが高い点に挙げられました。

経営者

  • 頭が良さそうだから。34歳女性専業主婦
  • お金持ちだからです。25歳女性会社員(非正規)
  • お金持ちであれば余裕を持った関係でいられそうだから。23歳男性会社員(正規)

お金があると言えば経営者。とは言っても経営者はピンキリなので、お金だけで選んだのに実際の経営は火の車だった…なんてことにもなりかねませんよ。もうひとつの注目点は、男性がお金持ちの経営者がいいと回答していること。もう男性だけが結婚の際、職業や年収を見られる時代ではないということかもしれませんね。

医師

  • お金をもっているから。34歳女性専業主婦
  • 年収が高いから。28歳女性会社員(正規)
  • 持病があるから。36歳女性その他

「お金持ち」というイメージが強い職業である、医師の平均年収は1,098万円。結婚とは経済活動でもありますから、お金持ちであることに越したことはありません。そしてポイントは持病があったり体が弱かったりする人が、医師という職業を希望しているということ。確かに体調が悪くなった時に、医師である旦那様に相談できればとても安心できるでしょう。

自営業

  • 楽しそうだから。42歳女性フリーランス
  • 自分も手伝いたい。27歳女性会社員(正規)
  • 自由に時間ができる。24歳女性専業主婦
  • 父親が自営だったからです。32歳女性専業主婦

好きなお店を一緒にして、相手と楽しく結婚生活を送りたいという人が自営業を選んでいるようです。経営者とちょっと似ているようですが、自営業のほうが法人の会社ではないので小規模なイメージ。その分部下やしがらみにも縛られることなく、業種によっては自由な時間も比較的取れそうですよね。

弁護士

  • 頭が良いから。44歳女性パート・アルバイト
  • お金を持っていそうだから。36歳男性会社員(正規)

医師と並んでお金持ちイメージの職業が、弁護士。その平均年収は実に1,094万円もあります。お金があるということはやっぱり結婚の大きな決め手なようです。それに弁護士なら、何かトラブルに巻き込まれたときも、弁護してもらえそうで心強いかもしれませんね。そして、ここでも男性が「お金を持っていそう」と回答している部分にも注目したいです。

その他

その他の内訳

  • 職についていれば何でもいい。職に就いていて、ある程度暮らしていけるお金があればそれでいいから。26歳女性その他
  • 正社員として働いていたらどれでも。職業は特にこだわらないから。32歳女性パート・アルバイト
  • 一定の収入があれば職業は問いません。職業に拘る意味が分かりません。また、拘るほどその職業に対して私の知識があるわけでもないので。42歳女性会社員(正規)
  • 職業で決めません。学歴に魅力を求めてないからです。45歳女性家事手伝い
  • 医療従事者 自分が医療従事者だから。44歳女性パート・アルバイト
  • 出張族、漁師 自分と子供の生活リズムを壊したくない。44歳女性会社員(非正規)
  • ラジオDJ 音楽が好きだからです!24歳女性フリーランス
  • 教師 子供が好きで情熱がありそうだから。27歳女性パート・アルバイト

その他の内訳は実にさまざま。その他の中には、職業で結婚を決めない人が多かったです。ある程度の収入があればとか、正社員なら何でもいいという回答もありました。たしかに結婚は職業や高い収入よりも人柄やフィーリングのほうが重要という考え方もあるかも。そして、ラジオDJや漁師など、一風変わった職業を挙げる人も少数ながら見受けられました。

人気の職業は逆に嫌

  • 医者弁護士は話が合わなそう!公務員は傲慢な感じ!33歳女性会社員(非正規)
  • 弁護士などの職業の人は、かなり変わった人が多かったので、収入もですが性格も大事だと感じています。37歳女性フリーランス
  • 経営者だとか、自営業は、先に何があるか分からないので。33歳女性パート・アルバイト

その他の中には、結婚する相手として人気がある職業はあえて選びたくないといった人も。その理由は上記のような感じでした。いくらお金持ちでも変わった性格の人や、傲慢なイメージがするとの理由になります。でもそれって職業ではなかなかわからないことかもしれません。職業にこだわりすぎるのもよくありませんが、特定の職業に対して偏見を持ちすぎることもいただけませんよね。

平均年収は厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より

2.職業よりも仕事振りを見よう

なんだかんだ言って、結婚する相手にはきちんとした収入があってほしいし、将来にわたって安定もしていてほしいもの。

女性は結婚後の妊娠出産で、どうしても働けない期間があるのでなおさらそう希望してしまいます。子供が生まれたらなおさらお金もかかります。

熱意があるか

職業だけを見るよりも注目してほしいのが、相手の仕事に対する熱意やその仕事振り。

どうしてその仕事をしているかと聞かれれば、好きだから、やりがいがあるからと答えられることはとっても素晴らしいですよね。自分の仕事が好きで、向上心を持って取り組んでいるかどうかはとても重要です。

相手のその気持ちを理解して心から応援したり、認めてあげたりするようにしましょう。

会社がなくなってもやっていけるか

そして今の時代、絶対に将来安泰なんてことはまずありえません。その危機感を常に持って、今の会社がなくなってもやっていけるかどうか、転職できるスキルや才能があるかどうかを見抜いておく目も結婚相手選びには大切なのではないでしょうか。

結婚後に病気になって退職せざるをえなかったり、トラブルに巻き込まれて失職したりする可能性はゼロとは言えません。

そういう時にがっくり落ち込んで何もしない人よりも、じゃあ次はあれをやろう!と、パワフルに転職活動をしてくれる相手のほうが、よっぽど人生のパートナーとして頼りになるのではないでしょうか?

3.パートナーとしてこちらの仕事も理解してもらおう

今の時代、共働きになることは多いです。正社員でキャリアを積みバリバリやってきた人も、辞めてパートに出る人も仕事には変わりありません。

自分も仕事をしていれば、相手に理解してもらうことが必要になります。

好きでやっている仕事を相手に理解してもらえず辞めることになったらつらいですよね?お互いの仕事を理解しようと努めることで、相手に対する思いやりも尊敬も生まれます。

そして、専業主婦だって立派な仕事と言えます。家事だけやっているからといって見下すような態度を取られたり、ことあるごとにバカにされたりしたら腹が立ちます。

専業主婦には労働の対価としての金銭がないぶん、旦那様にだけは認められ理解されたい、尊敬もされたいですよね?

結婚する相手は、人生のパートナーです。ともに一生歩んでいくためには、お互いに思いやりを持って相手に接せれることが、もっとも重要な事柄になってくるでしょう。

夫婦といえどももとは他人ですから、相手のことを理解しようとする姿勢が大切なのです。

まとめ

今回は結婚相手に希望される人気の職業をまとめ、大事なことはそれだけじゃないということを書かせていただきました。

今の時代、絶対的に将来安泰な職業というのはあまりありえません。

さまざまな致し方のない理由で失職することだってあるし、お金持ちの職業だと思って結婚してみたら実際はそうでもなかった人もいます。

結婚相手選びで職業だけを重視するのはとっても危険。

相手の人柄が最重要なのはもちろんのこと、自分の今の仕事を熱心にする人かどうか、あなたの仕事を理解してくれ応援してくれるかどうか…チェックポイントはたくさんあります。

ぜひ、表面的な職業だけで結婚する相手を選ぶのではなく、相手の本質までを見抜くようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*