婚活サイトで知り合った男性に本名を教えるタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

婚活サイトではマッチング後、最初はニックネームやイニシャルでやりとりします。

その後、個人メッセージのやりとりの中で男性が本名を名乗ってきた場合、嫌われないように自分も名乗った方がいいのか迷ってしまいますよね。

ネットでの出会いですし、本当のことを言っているのかもまだ分からないことで不安だと思います。

今回はいくつかのパターンに分けて、本名を名乗るタイミングについてお伝えします。

 

婚活サイトのメッセージで男性が本名を名乗ってきたら

こういった婚活サイトは女性としてやはり不安が残ります。

不安な気持ちを抱えたまま、無理をして本名を教える必要はもちろんありません。

信頼できて、この人になら本名を教えてもいいと確信が持ててから、本名は名乗るようにします。

ではメッセージで男性が本名を名乗ってきたらどうすればいいでしょうか?

メールをやり取りする女性の画像

まずは下の名前をひらがなで返そう

下の名前が特定されにくいもの(ありふれた名前)でしたら、下の本名だけを名乗るのがいい方法です。

やはり、男性のほうは本名を名乗ってきてくれているのに、警戒心をむき出しにして自分だけかたくなに本名を名乗らない…というわけにはいきませんよね。

ひらがなで下の名前だけでしたら、そこまで個人情報のことを心配する必要はなくなるでしょう。

LINE交換をしたときに教える

婚活サイト内でのメッセージ交換を重ねたら、LINEに移行して連絡を取りやすくすることが普通です。

会う約束をしたとしても、待ち合わせるにはLINEのほうが便利ですよね。

このタイミングで本名を交換することもあります。

もし、まだ早いと感じているならばLINEの表示名にも気をつけましょう。

LINEの表示名をフルネームにしていませんか?

婚活サイトを本気で使っていて、複数の男性とLINEを交換して話を進めたいと思っているのならば、表示名は下の名前だけに変更しておいたほうが無難です。

または、表示名をアルファベット表記など特定されにくいものにしておいたほうがよりベターです。

仕事でLINEを使用している人など、どうしてもフルネーム表示が必要な場合は、LINEは気軽に教えないようにしておきましょう。

会う約束をした後に教える

下の名前を教えてある程度メッセージのやり取りをし、好感触で会いたいと思えるような相手の場合は会う約束をしてもいいでしょう。

しかし本名の知らない人と会うというのは不安な面もあるかと思います。

その場合、正直にその気持ちを伝えてみても全く問題ありません。

相手も恋愛に対して本気の人であればその気持ちに共感してもらえますし、そうでない場合は面倒くさい人だと離れていくこともありますので、怪しい人を避ける効果もあります。

もしくは会ったときにお互いに教え合いましょう、ということにしてもいいです。

Facebookを教えてもらう

こういった婚活サイトでは、相手が本当のことを言っているのかはっきりとは分かりませんし、不安を解消するためにももっと確かな情報で相手の素性を確認した方が安心感を得られます。

そこでFacebookを教えてもらうとよいです。

婚活アプリの多くは身分確認やFacebook認証を必須としています。

婚活サイトによってはFacebook開示機能がついています。

これはサクラや素性の分からない危険な人間をサイトから排除し、利用者が安心して使えるようにするためです。

個人メッセージを送るようにするためには身分証確認を必須としていたり、男性は課金が必要であったりする場合もあります。

ネットを通した出会いなので相手のことを気になっていても、完全には信用しきれないということもあるかと思います。

そんなときにあなたが利用している婚活サイトがFacebook認証を必須としているのであれば、まず相手のFacebookを開示してもらい、どのような人なのかを把握するとよいです。

注意点として、自分からは教えないでください。男性から教えてもらうようにすると相手の本気度も確認できますし、リスクも回避できます。

Facebookである程度のプロフィール(出身大学、会社、趣味など)も確認できます。

本当に付き合っている彼女がいないかもチェックすることができますし、普段の仕事振りやライフスタイルなど、あなたの知りたい情報がほとんど調査できます。

会ってからから教える

それでもどうしても心配な場合は、お会いしてから名前を教えるのでもいいですか?と一言断りましょう。

「こういう婚活サイトで、女性としては本名をお知らせするのがまだ少し怖いので」というような補足も付け加えます。

本名を教える女性も多いので、あなたがお堅い女性だなと思われてしまう可能性も高いですが、そんな心配な気持ちを無視してくるような男性は、どちらにしろ素敵な男性ではありません。

本名を教えるリスク

では本名を教えた場合のリスクはどんなことがあるのでしょうか。

Facebookを調べられる

サイトに登録している人であればFacebook認証されていることは知っています。

男性も、相手がどのような女性なのか知りたいはずですので、名前が分かれば検索するでしょう。

Facebookをよく更新していた場合、自分がどのような人間なのか、どのような生活をしているのかが丸わかりになってしまいます。

私生活のことを調べられてしまうのは嫌な場合は特に気を付けてください。

会ってもいないのに「思っていた人と違う」を思われてしまうかもしれません。

どうしてもこちらのものは見られたくない場合は、フェイスブックにあまり個人的なことをさらさないとか、友達限定公開にするとか、自己防衛することが女性には必要になります。

会わずに終わってしまう

自分のビジュアルにものすごく自信を持っていますか。そうでない場合は名前を安易に伝えるのは控えた方がよいです。

Facebookに限らず、名前を教えてしまうことでネットに転がっている自分の写真を見つけられてしまうかもしれません。

今はSNSを使うのが当たり前の時代になっていますので、自分で写真を載せていなくても、友人が勝手に載せているかもしれません。

どのような人でも全ての写真が映りがよいとは限らないですよね。その中で、自分の知らないところで写真が見られてしまうのはやはりいい気持ちがしません。

また映りが悪い写真だけで判断され、見た目だけで食事をキャンセルされてしまうかもしれません。

会えば気が合って話が進んだかもしれないのに、その可能性がなくなってしまうのは非常に勿体無いことですよね。

そのためにもすぐに会う前に名前を教えてしまうのは避けた方がベターでしょう。

初回の顔合わせで終わることが多い

婚活サイトでは、会ったからといってうまくいくとは限らず、残念ですが初回の顔合わせで終わることも多いです。

お断りしたりされたり、お互いになんとなくピンと来なくて自然消滅することになったりです。

もう会わない人に本名を知られているのも、気持ちがいいものではありませんよね。

そう考えると、よっぽどタイプであちらからも気に入られていることが伝わってくるような関係性以外は、本名を教えないほうが無難なのかもしれません。

フェイスブックも、会わなくなった人にいつまでもチェックされていたら気になってしまいます。

実際に会ったら下の名前を教える

下の名前を教える

実際に食事に行った際に、それまで名前を伝えていなかった場合は下の名前を教えましょう。

話している最中に何と呼び合ったらいいのか分からなくなってしまいますよね。

会うところまで来ているので、漢字表記を聞かれれば答えてもいいと思います。

しかしもしそれでもまだ不安がある場合、教えなくても問題ないです。自分の気持ちを尊重してどうしたいのかを決めてください。

また下の名前のみを教えるメリットはもうひとつあります。

もしお付き合いに至って恋人同士になった場合、名字から名前に呼び方が変わるときの恥ずかしさがないからです。

本名を教えない理由を誠実に伝える

実際にお会いして男性側が名乗ったのにあなたは名乗らないと、信用されていないんだなと男性は思ってしまうものです。

そうすると相手のテンションも下がってしまうので、言えない理由を正直に言ったほうが印象は良いでしょう。

「こういう婚活サイトで会ったりすることははじめてなので、まだちょっと不安があるので…」などと、柔らかな表現で伝えます。

2回目に会うことができたなら、本名を教えることも忘れずに伝えましょう。

2回目以降も関係が続きそうな場合

2回目以降も関係が続きそうに感じたら今後のことも考えて、お互いの名前も知れるといいですよね。

それまでに名前を教え合っていなかった場合は、もっと深い仲になるためにも名前を教えましょう。

名前を教えることで相手も自分を信用してくれたと思い、信頼感が生まれます。

逆に言うとこれからもっと関係が続きそうな相手に対して名前を全く教えないことは、相手があなたに嫌われていると感じてしまうことがあります。

本名を伝えるタイミングを感じる

ネット婚活は一人ひとり順番にメッセージするわけではなく、同時に何名かにメッセージを送って同時進行で進んでいることが多いです。

このこと自体は間違っていたり悪いことではなく、多くの人にアタックできるネット婚活ならではの特徴です。

そのため相手が自分に興味ないと判断した場合は、悪く言えば切り捨てて次に相手に切り替えることが普通です。

相手との距離感を考えつつ、今がどのタイミングなのかを見極めることがポイントです。

一見難しいように思えますが、ネット婚活をやっていくうちに感覚をつかめるようになりますのであまり心配する必要はありません。数をこなして慣れていきましょう。

名刺交換をする

休日に会った場合は次に合う約束ができたら、次回は名刺交換をお願いしておくのもいいです。

相手の勤める会社や役職まで分かるので、会社の大小や仕事の忙しさなどが想像できます。

また会社帰りに会うのならお互いに名刺を持っていることが多いですよね。

その時に名刺交換をしてもいいと感じたら自然な流れで、「お互いのことを知る機会ですし、せっかくですから名刺でも交換しませんか」と伝えるとよいです。

まとめ

婚活サイトを使っていく中で「本名」の扱いについて気になることは当たりまえのことで、皆さん同じように感じています。

本気で出会いを求めているけれども、本名を教えてしまうのは不安・・でも名前を教えないと相手に本気度が伝わらないのではないか・・そのようなジレンマに陥ってしまうこともあるかと思います。

その時は不安なら不安で相手に正直に伝えることが、相手への誠実さです。真面目な出会いを求めるなら、相手に対して正直に誠実であることを守ってみてください。

ネット婚活は性質・使い方をしっかりと理解することで、楽しく、普通には出会えないような人と会うことができ、幅を広げることが可能です。

自分に近いパターンを見極めて名前を伝えていってほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*