婚活サイトのプロフィールの書き方 見本例と4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

婚活サイトを利用するに当たって、まず、最初にやらなければならないことのひとつに自分自身のプロフィール作成があります。

婚活サイトを利用する上で、プロフィールはあなたの顔ともいえる大変重要なものです。男性側から好感を持たれやすいプロフィールにすることで、多くの男性から「いいね」や「メッセージ」をもらいやすくなるばかりか、理想の男性や結婚への熱意が同じ男性への絞り込みもすることができます。そこで、今回は、男性から好感を持たれるプロフィールの書き方についてご紹介しましょう。

 

婚活サイトのプロフィールの書き方

はじめのあいさつ

プロフィールの最初は簡単なあいさつから始めましょう。このはじめのあいさつはとても大切です。ぜひ、さわやかで感じのいいあいさつから始めましょう。ポイントは少し控えめな印象を与えることです。最初からガツガツ自分をアピールしてしまうと、男性側は引き気味になります。文頭は、控えめかつさわやかなあいさつから入ることが重要です。その例を挙げてみましょう。

  • 初めまして!さやかといいます。いままで、趣味を楽しんだりお仕事を頑張ったり私なりに充実した毎日を送ってきました。ただ、最近ふと「私の隣りに素敵なパートナーがいるといいな」と思い始めました。やっぱり、何気ない会話をしながら一緒に笑い合える相手がいると人生が豊かになるような気がします。そんな素敵な人生のパートナーを募集中です。
  • こんにちは!大阪在住の翔子です。プロフィールに目を留めていただきありがとうございます。現在28歳です。看護師のお仕事をしていますが、なかなか素敵な出会いがなくて今回このサイトに登録しました。温かくて笑いの絶えない家庭を築くことが夢です。そんな私の夢をかなえてくれる人と出会えるとうれしいです。

こんな感じで、控えめのあいさつからはじまり、読んでくれている人への感謝を盛り込みつつも、その後のメインの本文に自然と入っていける形がいいです。はじめのあいさつはシンプルで大丈夫なのです。

ノートの画像

プロフィールに必要な項目は4つ

では、プロフィールの本文にはどのような内容を盛り込んでいけばいいのでしょうか?項目別に具体的にご紹介していきますよう。

1.趣味

まず、趣味は具体的に盛り込んでおきましょう。ここから会話が広がることが圧倒的に多いので、とても大切なポイントです。また、結婚後もその趣味を続けたい場合は、相手がその趣味を理解してくれるかどうかもチェックしておく必要があります。

  • 私の趣味は旅行です。国内はもちろん、海外旅行も好きでいままでにさまざまな国を旅してきました。
  • 私はインドア派で、趣味は家で読書をすることや油絵を描くことです。ほかに映画を観ることも好きです。

インドア系かアウトドア系かという点も、結婚後の生活においてとても重要です。お互いの価値観が合うかどうかという点にも関係してくるので明確にしておきましょう。趣味は海外旅行と入れるだけで、海外旅行に行ったことのない男性や、連れて行けないと思った男性からはアプローチしにくくなり、ここで選別ができます。

2.自らの性格・キャラクター

自分の性格を説明するのは難しいかもしれません。ただ、ここは自分なりに正直に書いておきましょう。もちろん、あなたの長所をしっかりアピールすることも大切です。ただ、少しはマイナス面を書いても構いません。その方が、相手の男性もあなたに誠実さを感じるはずです。ただその表現ではマイナスに感じ取られないようにすることが肝要です。

  • 性格はどちらかというと外交的で、誰とでも仲良くなれるタイプです。常に新しいことにチャレンジして前向きに生きていきたいと思っています。
  • ちょっと人見知りで、初めて会う人とはうまく話せないかもしれません。でも、人の話を聞くのは好きで、どんな人に対してもやさしく誠実に接していくのがモットーです。

婚活相手と会ってうまく話す自信のない人は、あらかじめ自分が「人見知り」だとアピールしておくと会う時にハードルが低くなります。相手の男性も、それを承知で会ってくれるわけですから安心です。

3.理想の夫婦像

結婚後、どんな夫婦が理想かという点も婚活する上で重要なポイントです。お互いの「築いていきたい家庭のスタイル」が同じだと、結婚後もうまくいく可能性が高いです。ここも、しっかりアピールしておきましょう。

  • 私は結婚後も働きたいと思っているので、家事も分担してやっていける夫婦が理想です。また、お互いの友達を誘って一緒にキャンプに行くなどアウトドアをともに楽しんでいけるといいなと思っています。友達みたいな夫婦がいいですね。
  • 家事が得意で子供も2人以上欲しいので、仕事より家庭を大切にしていきたいと思っています。おいしい手料理を作って家族で楽しく食事をするような時間が持てる家庭を築いていきたいです。お互いをいたわっていけるような夫婦が理想です。

理想の夫婦像も人によってまちまちです。お互いが同じ価値観を持っていることは、しあわせな結婚生活を送る上でとても大切です。共働きしたいのか、専業主婦が理想なのか、相手に合わせられるのか、この項目もしっかりと正直に書いておきましょう。

4.結婚への意気込み

婚活をしているからといって、登録しているすべての男性の結婚願望が強いわけではありません。特に、男性の場合、婚活サイトに登録していてもお付き合いだけが目的の場合もあり、必ずしも結婚願望があるとは限らないのです。ですから、女性側も自分がどれくらいの熱意で結婚したいのかについて明確にしておく必要があります。

あなたがどのくらい結婚に対して真剣なのかについてもアピールしておくことはとても重要です。

  • とりあえず、しばらくおつきあいしてから結婚についてゆっくり考えていけたらと思っています。結婚はそんなに急いでいないので、じっくりと将来のパートナーを探していきたいです。
  • 温かい家庭を築くことが夢で子供が大好きなので、早く結婚して子供を授かれたらしあわせです。できるだけ早く結婚できたらと思っています。

男性は女性に比べて結婚願望が薄い傾向にあるので、女性側の結婚願望が強い場合、ぜひ、そのことを明確にしておきましょう。でないと、せっかくお付き合いが始まってもお互いの結婚に対する温度差から、なかなか結婚までたどりつけないケースもあります。プロフィールの段階で結婚願望がどのくらい強いのかについてはっきり伝えておくことはとても大切です。

終わりのあいさつ

さまざまな自己紹介をした後は、軽くあいさつをしておきましょう。最初は、ちょっと固めの文章であいさつした人も最後は軽く自分のキャラクターを出しておきます。自分を知ってもらうためにも、終わりのあいさつでは自分らしさをにじませても構いません。

  • 私のプロフィールを読んで、すごく活発な印象を受けられたかもしれません。でも、これで意外とさみしがりやだったりもします。そんなギャップが魅力ともいえるこの私をどうぞよろしくお願いします。
  • 私のプロフィールに目を留めてくださってありがとうございました。少しシャイな私ですが、仲良くなると意外とお茶目な女性に変身します。こんな少し引っ込み思案な私を引っ張っていってくれる人がいたらいいな…と思っています。最初はメールから仲良くしていただけたらうれしいです。よろしくお願いします。

このあたりで、まず、自分のプロフィールを読み返してみて、それを読んだ人からどのようなイメージを持たれるのか考えてみましょう。たとえば、「活発な女性」だとか「おとなしい女性」だとかそれぞれのキャラクターが現れているはずです。しかし、それだけではない別の顔が誰にもあります。それについても触れておくと、さらに信憑性が増して親近感を感じてもらえます。あなたの素顔を正しく知ってもらう助けになるでしょう。

プロフィールに書いてはいけないNGワード

ところで、プロフィールには書かない方がいいNGワードや内容というものも存在します。意外とこれらについて知らない人も多く、婚活サイトをチェックしていると「この表現はやめた方がいいな」と感じる表現やワードも少なくありません。それらについてもご紹介しておきましょう。

人の評価によって自分をアピールする

  • 周囲の人からは「家庭的なタイプだからいい奥さんになりそう」とよく言われます

婚活サイトでは、自己紹介をするときによく「周囲の人からは~と言われています」という書き方をしている人がいます。書いている本人は「周りの人がそう言うならきっとそういう人なんだろうな」と思ってもらえ、説得力も増すと考えているのでしょう。しかし、このプロフィールの書き方は読む側にはよく思わない人もいます。

その原因は、人の評価で自分をアピールしている点です。プロフィールを読んでいる側は「あなた自身が自分をどういう人間だと考えているのか」を知りたいと思っています。それなのに、他人の評価で自分をアピールすると他人の目を気にして生きている主体性のない人のように映りがちなのです。どこまでも、自分が主体的に自分自身をどう分析しているのかを明確にしましょう。

読む側が笑えない自虐ネタ

  • 美人でもなく、もう、おばさんの域に達しつつある私ですが健康だけには自信があります。

あまりにも自分を卑下した内容の自己紹介は、それが事実か謙遜かは別として読む側にネガティブなイメージを与えます。「最初から自分を低くアピールしておけば、相手に会うときにハードルが低くなるのでは」と考える人もいるかもしれませんが、このような自虐的な自己紹介文はあまり相手にいい印象を与えません。まず、会う以前にこの自己紹介文だけで会う気が萎えてしまうでしょう。謙遜も度を過ぎると相手にマイナスイメージを与える危険性があるので注意が必要です。

まとめ

今回は、婚活サイトに登録するプロフィールの上手な書き方についてご紹介してみました。
プロフィールの書き方で理想の相手からメッセージがもらえるかどうかが決まる重要なポイントです。
それゆえにプロフィール欄に何を書くのかはとても難題でしょう。ぜひ、参考にしてプロフィールを読んだ人から好感を持ってもらえる内容にしてください。プロフィールは婚活においてのあなたの顔ともいえます。ぜひ、読む人の気持ちを考えつつ、魅力的なプロフィールを作成していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*