婚活サイトでラインへ誘われた場合の断り方や業者の見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

婚活サイトでメッセージを交換していると、早い段階でLINEへ移行することを誘われる場合があります。

LINEのほうが使いやすいですし、連絡がマメにできれば話が早く進むことがあります。

それはわかっていても、まだLINEを教えたくないと感じる場合もありますよね。

そういうときは、どのようにして角を立てずにLINE交換を断ったらいいのでしょうか?

 

婚活サイトでLINEへ誘われた場合の断り方

メッセージからLINEに誘われたとき、断りを入れたい理由もいくつかパターンがあるかと思います。

パターン別に、断り文句の例文もご紹介していきます。

メッセージのやり取りはしていてもLINEを教えるのはまだ少し心配な場合

相手のことを気にはなっていて、LINEを教えてもいいのだけれど、まだちょっと心配な場合があります。

その場合は「こういうサイトだと少し不安もあるので、もう少しメッセージの交換をしてからお願いします」と素直に伝えましょう。

相手があなたのことを気になっている場合はその提案をくんでくれます。

婚活サイトでマッチングすればLINE交換をするのは、特におかしくはなくて普通のことです。あまり危機感を持ってしまわずに、思い切って教えてしまったほうが、早く仲良くなれることも多くあります。

会う約束をする段階ではLINE交換をしてしまったほうが、会うのが簡単になります。

それでもどうしても怖いときは、LINEの表示名をニックネームや下の名前だけにしておくと安心するでしょう。

個人情報も、下の名前だけでは何もバレることはありません。

スマホを操作する女性の画像

LINEが苦手、既読機能が苦手な場合

LINEでの早いやり取りが苦手な人もいます。または既読機能で相手が既読になっているのに返事が返ってこなかったりして不安になってしまう人もいます。

このようにLINE自体が本当に苦手な場合は、

「LINEはあまり好きではないので、ほかのメッセージアプリやメールにしませんか?」

などとLINEだからいやなことをちゃんと伝えたうえで、代替案を提案してあげたほうがいいでしょう。

メッセージアプリなら「チャットワーク」が、スマホからでもすぐに確認ができますし、LINEとそこまで変わらずに便利に使えます。

それに、既読機能がありませんので、LINEと比べると気がラクですよね。

しかし男性としては、やはり気になる女性とはLINEで連絡を取り合いたいものなのです。

「この人なら信用できそう」と思ったならば、特別にLINEを教えてあげるとかなり喜ばれるでしょう。

あまり気が合わないと感じるので教えたくない場合

何度かメッセージの交換をしてみて、やはり違ったなと感じる場合や、他にいい人ができてこの人とは会う気がないというときはLINE交換をしなくてもいいです。

「LINEでなくメッセージのやり取りでお願いします」

と素直に答えましょう。

あなたが早い段階から「気が合わなそうだな」と感じるならば、その印象はくつがえらない場合も多いです。

他の人と交際が決まった場合も、正直にその内容を伝えたほうが相手も納得がいき、しつこくされずに済みます。

婚活サイトでのLINE交換のメリット

気が合いそうな相手とは早々にLINE交換してしまったほうがメリットは大きいです。

待ち合わせはLINEが便利

待ち合わせのときは、LINE電話も使えるLINEが便利なことは間違いありません。メッセージ機能だけでは、上手く会えないこともあるかもしれません。

LINEで待っている場所の風景を写真で送っても相手に分かりやすいです。

仲良くなりやすい

メッセージだけしているときは、マッチングしたとはいえまだまだ他人の関係です。

気に入った相手となら、LINEを教えあってもっと仲のいい関係に進みたいと思うのが普通ですし、聞いてくる男性のほうもそう思っています。

かたくなに「LINEはいやです」と言い続けて拒否をしていると、「俺に気がないんだな」と判断されて、そのうち離れられてほかの女性に奪われてしまいます。

仲良くなりたい人とは、積極的にLINEを交換したほうが得策だと言えるでしょう。

アプリが使いにくい

婚活サイトのアプリは使い勝手が悪いときもありますし、普段から慣れ親しんだLINEが一番使いやすいという人も多いです。

婚活サイトによっては女性無料ですが、男性は月々の料金を支払っていることにも、気を使ってあげなくてはなりません。

男性は早めに退会したいと思っている人が多いので、あまりLINEを教えるのを引っ張って、いつまでも料金を払わせているのは印象が良くありません。

連絡が取りやすいということは他のライバルよりもあなたに有利なのです。

ブロックすればいい

もし本当におかしな気持ち悪い男性にLINEを教えてしまったとしても、最終的にLINEには強い味方が付いています。

それは「ブロック機能」。一度ブロックをしてしまえば、もうその相手とかかわるようなこともありませんし、いやな思いをすることもなくなります。

メールアドレスだとこちらのアドレスを変更するまで、いろいろなアドレスから送信される場合もあります。

LINEをブロックした後に婚活サイトのメッセージから連絡がくることもありえますので、忘れずに婚活サイトのほうでもブロックをしておきましょう。

しつこい男性も、これで撃退できますので安心です。

外部業者の見分け方

外部の業者は、婚活サイト内でのメッセージ交換もそこそこに、すぐにLINEに誘導してきて、外部の有料サイトに誘い込んでくるのが定説です。

こんな業者にLINEを教えても無駄ですし、口が上手く危険があるので、絶対に教えないように気をつけましょう。

写真がかなりイケメン

あまりにも写真がイケメンすぎる男性は、女性を釣るためにネットで拾ったイケメン写真を使っている可能性もあります。

高身長イケメンかつ高収入などのハイスペックすぎる人が、あまりにも積極的に近づいてアプローチしてきたら、まず疑いましょう。

あなたが超美人でハイスペックでモテまくる女性ならば、それもありえなくもないのかもしれませんが、そうではないのにあまりのイケメンがくるのも不自然と考えます。

もちろん美人な人でも、そういう自信がある人ほどだまされやすかったりもしますので、じゅうぶんに気をつけてください。

フェイスブックの友人が10人ほど

婚活サイトに登録するためには、フェイスブック友達の人数が10人以上という条件があるサイトもあります。ですからフェイスブックの友達人数ゼロといったようなあからさまな業者はいません。

ギリギリ10人に届いたくらいの友達人数を集めて、婚活サイトにだけ登録する架空のアカウントを作っていることが多いので、友達人数10数人の人はちょっと疑いの目で見ましょう。

考えたらわかるかと思いますが、コミュ障でもない普通に生活している男性でしたら、フェイスブック友達人数が10人だけはあまり考えられないです。

シャイでリアルで友達が少ない人だとしても嫌ではないのなら、次は投稿を見てみましょう。

年に数回しか投稿をしていなくて、いつも同じような内容など適当な投稿しかしていないのならば、それは詐欺アカウントかもしれませんよ。

退会するからとLINEへ誘導

マッチングしてすぐに「婚活サイトはもうすぐ退会するからLINEで話をしよう!」などと提案をしてくる相手にも要注意です。

男性は、マッチングしたばかりの気に入っている女性がいるのならば、たとえ期間が迫ってきているとしても更新するはずでしょう。

「アプリが壊れたから」などと言ってくる人もいますが、ある程度使っている人ならばわかるかと思いますが、な大手人気アプリはそうそう壊れたりもしませんので怪しいです。

それに、アプリが壊れているのにメッセージすることもできないはずです。

LINEのIDだけ書き残して、今日で退会などと言い残して本当に姿が消えてしまう男性もいますが、だからといってLINEで連絡を取ってはいけません。

それは、「婚活サイトであなたがブロックされている」だけで、実は退会してはいないからです。

外部業者は、多数の女性を引っ掛けたいので、婚活サイトを退会することはありません。

ブロックされたのか、本当に退会済みなのかは確認する方法もありますので、やり方はネット検索すれば出てきます。

まとめ

婚活サイトで、LINEを教えるのを角を立てず断る方法や、絶対に教えてはいけない場合などをまとめてみました。

しかし、LINEは気に入った男性と手っ取り早く仲良くなれるチャンスでもあります。

LINEでマメにおはようやおやすみの短い挨拶をしたり、食べたものの写真を送り合ったりしたほうが、メッセージよりも早く打ち解けられやすくなります。

それに男性のほうも、気に入っている女性とLINE交換は早い段階でしたいと思っているはずです。

その理由は、男性は利用料金がかかることももちろんありますが、気に入った女性にLINEを教えてもらえるのは信用の証のようで、やっぱり嬉しいものだからということもあります。

あまりかたくなにLINEを断ってしまうのも、「お堅そうで付き合ってもつまらなそう」「俺にあまり気もなさそう」と思われてしまい、メッセージが途絶えてしまう原因にもなります。

そうすると、せっかくのマッチングが無駄になってしまいますので、頃合いを見てLINEは教えてあげるようにしたほうがベターです。

もちろん信頼できそうな人にだけなのは大前提ですので、この記事に書いた業者の見分け方なども参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*