婚活サイトで相手を傷つけない断り方 例文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

婚活サイトで会えたお相手に「会ってみたけど、違ったなあ・・・」ということも、もちろんあります。
そういう時にフェードアウトしてしまえばいいのか、正直に言えばいいのか迷いますよね。
悪い人ってこともないし、傷つけずに断りたい場合はどうすればいいのでしょうか?

今回は、婚活サイトで出会った人を断るときに気を付けるポイントと例文を、タイミング別にすべてお伝えします!

 

まだ会っていない時の断り方

婚活サイトに登録し、写真やプロフィールをのせると「いいね!」が来ます。このときに断りたいときはどうすればいいのでしょうか。

「いいね!」とメッセージが来たタイミングでお断りしたい場合

「いいね!」や初メッセージが来たタイミングでお断りしたい場合は、特にメッセージは不要です。
LINEでいう既読スルー状態です。しかし、申し訳なく思うことはありません。

なぜなら、この段階だとまだ「出会っていない」状態だからです。

もちろんお断りのメッセージを送ってもいいですが、相手の気持ちを考えるとスルーしてあげたほうが親切です。
メッセージが返ってきた!とぬか喜びさせてしまうより、スルーされるほうが慣れているのです。
それが婚活サイトです。

何度かメッセージをしたタイミングで、お断りしたい場合

何度かメッセージを交換した後に、断りたいときの文例です。

” せっかくメッセージをもらったのに、すみません。
他にいいなと思える方ができたので、もうメッセージできません。

こちらはハッキリ言うパターンです。
まだ会っていないタイミングなので、違うと思った場合は「早く」「分かりやすく」伝えるのが誠意ある断り方と言えます。
このままメッセージを続けるのは失礼だと思ったので、と一言入れるのもGOOD。

こんなにハッキリ言うのはなんだか申し訳ない・・・と思ってしまうあなた。
あなたも、お相手も、婚活をするためにサイトに登録しています。
違うのであれば断るのが二人のため。
違うなあ・・・と思いながらメッセージを重ねる時間で、お互い別の人と出会えるんです。

どうしてもやんわり断りたい場合はこちらの例文にしましょう。

” 最近仕事が忙しくなってしまって、返信が送れなくなると思います。・・・すみません。

察しがいい相手なら、これで分かってもらえます。
でも、素直で誠実な人は返信が来てしまいます。
あなたに好意があるということでもありますが、「大変ですね・・・返信いつでも大丈夫です!お身体にお気をつけて。」とかのメッセージです。
いい人ほど、ハッキリ言わないことで相手の時間を奪ってしまうことにもなります。

1か月後とかにまたメッセージが来る場合もありますよ。
「お仕事どうですか?もしよかったら、またメッセージください♪」など。

ログインしていることが分かる婚活サイトも多いので、相手への思いやりに欠けるとも言えます。

本当に気が無いときは、ハッキリ断ることです。
まだお相手と直接会ったこともないですし、思い切って例文をコピー&ペーストするのが幸せへの近道です!

独りの女性の画像

1回会った後で断る場合

さて、順調にメッセージを重ねてお相手と会ってみることになったあなた。
しかし、話しが続かない・・・フィーリングがあわない・・・趣味が違う・・・写真と違った・・・などなど、様々な理由でお断りする場合もあります。

一度会ってお話ししている手前、メッセージだけの場合よりも断りづらいですよね。
会社の話や出身地の話で共通点があった場合などは特に、「知り合いがいたらどうしよう」などと思ってしまうでしょう。

そんな場合にもピッタリな例文はこちらです。

” 〇〇さんすみません。
お会いしてみて、価値観が違うため今後お付き合いには発展しないと感じています。
貴重な時間を割いていただいてありがとうございました。
” せっかく貴重な時間をいただいたのにすみません。
〇〇さんは素敵な方ですが、他にいいなと思える方ができました。
短い間でしたが、ありがとうございました。

「価値観の違い」は付き合っていくには大きな障害です。
また、「他にいい人ができた」というのも婚活サイトでは無難な断り方です。
たとえ食事のマナーや、支払い、顔やファッションがダメだ・・・と思った場合でもお断りの文章は基本的にこちらのどちらかでOKです。

「どういうところに価値観の違いを感じたんですか?」とか「どうしてそう思ったんですか?」とか返信が来た場合

それでもなぜ断られた理由を聞かれることもあります。

「どういうところに価値観の違いを感じたんですか?」とか「どうしてそう思ったんですか?」とか返信が来た場合です。そんなときは、次の文例です。

” お話の中で何度か感じました。
せっかくお時間をいただいたのに、本当にすみません。

このように本当の理由は言わなくてよい場合がほとんどです。短くやんわりとかわしましょう。

相手も自らの足りない点や改善できる点を求めて、聞いてくることもあるのですが、そこをハッキリと伝えるかはあなたとの関係性次第です。伝えてもいいのですが、相手を傷つけないためにこの程度の断り方が無難です。

さらに繰り返ししつこくこういったことを聞いてくる人は、女性慣れしていないタイプか、プライドが中途半端に高く人の意見は受け入れないタイプかのどちらかです。

あなたを諦められなくて「なぜ自分が断られたのか?」が納得できないだけなのです。

そうなった場合は深くかかわらずにスルーしたほうが賢明です。

複数回会った後に断る場合

面接を複数回した後に断るのが、一番お断りしづらいパターンですよね。
会った回数や性格にもよりますが、向こうはもう付き合う気になっている場合も多いです。
複数回会っている場合は、「価値観の違い」などのざっくりした理由でにごさないほうが賢明です。
相手も納得できるよう、素直に理由を伝えましょう。

たとえば、他の人ともデートをしておりそちらの人と付き合うことになった場合の例文

” 〇〇さん、すみません。
〇〇さんは素敵な方ですが、他にいいなと思える方ができました。
真剣に考えてお会いしていましたが、今はこのままの気持ちで〇〇さんとやりとりを続けるのは失礼だと思っています。
今まで短い間でしたが、本当にありがとうございました。

適当な気持ちであなたと会っていたわけではないんだ、と伝えるのは大事なポイントです。
相手も貴重な時間を割いてきたのですから、そこに対する感謝も伝えましょう。

自分が言われたとしたら?と考えたときに納得できるかどうか。
一度送る前に読み返してみるのがおすすめです!

必ず次のメッセージで断るときに気をつけたいポイントをチェックしてください。

気を付けて!断るときのポイント3つ

変にウソをつかない

断り文に感謝の一文「今まで短い間でしたが、本当にありがとうございました。」と沿えて断ります。このとき言葉をオブラートに包むのはOKですが、まるっきり嘘を言うのはやめましょう。
「転勤になった」という理由をでっちあげて、断った方がいます。
が、引き続きそのサイトで婚活を続けていたため、嘘だと気づいたお相手からメッセージが来たのです。

修羅場とまではもちろんいきませんが、相手も気分が悪くなりますし、自分も気持ちいいものではありません。
変な嘘をつく必要はないですし、自分にもマイナスになります。

誠実に接する

相手に対して誠実に対応しましょう。ほとんどの婚活サイト登録者は真面目に出会いを求めているもの。
これは、断る際だけではなく会う場合も同一です。
メッセージや会う時間を、あなたに割いているわけです。そしてそれはもちろんお互い様。
「断るからどうでもいい」ということはありません!

会っている間に期待を持たせ過ぎない

メッセージだけで終わる場合はいいのですが、1度以上会っている場合はテンションに注意しましょう。
例えば会っている時に「来月映画見に行きましょう」と誘われた場合。
このときに日程や見る映画を決めたりすると、相手ももちろんその気になります。
そこから急に断りのメッセージがくると、「どういうこと!?」と思うのは当たりまえ。
面と向かっては言いづらくとも、断るならば、会っている時に期待を持たせ過ぎないことが重要です。
その時点で発展しないと思っている場合は、「来月は仕事が忙しいかも・・・」もしくは「そうですね、タイミングあえば~」くらいでにごしましょう。
その後、数日して断りのメッセージを送ります。

まとめ

今回は、婚活サイトで出会った人をお断りする方法についてお伝えしました。
普通に仕事をして、家に帰っているだけでは出会えない人とたくさん出会える婚活サイト。
でも出会う人が多ければ、もちろんお断りする人も多くなります。

相手に悪いんじゃ・・・と思うのではなく、誠実に、早くお断りをしていきましょう。
そのほうが相手のためにもなるのです。

そして、運命の人と出会ったときはもうこの記事を見る必要はないですね♪



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

婚活サイトの口コミランキング

婚活サイトのランキングの画像


婚活サイトの口コミランキングへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*